yunojixのブログ

2014年5月生まれの第1子と、産後2ヶ月で休職した夫との暮らしを綴るほのぼのブログです→夫は無事に復職しました

男性保育士に2歳の娘を担当してもらっている

久しぶりにブログを書く。昨年は本当にいろいろなことがあった。一昨年、夫はメンタル休職から復職後、職場で表彰される程度に調子がよかった。調子に乗りすぎて借金と不倫をし、これが昨年の初頭に発覚(解決済)。春になると私の生理不順で受診した婦人科…

イヤイヤ期が意外に楽しい

我が家の天才児、1歳8ヶ月ごろからイヤイヤ期が始まっている様子。首をブンブンふったり地団駄を踏んで「やだ!」と言う姿が超かわいいので、ついニヤニヤしながら対応してしまう。「やだ? そっかー、やだねー(ニヤニヤ)」子供のもともとの性格なのか、こ…

婚姻届を出した日のこと

今日は節分なので、そろそろ春が来るらしい。春が来ると私たち夫婦の結婚記念日がやってきます。結婚記念日を、式を挙げた日にするのか役所に届けを出した日にするのかその両方にするのか、または届けを出した当日に式も挙げて1日にまとめるのか、いろいろ考…

夫、突然の断薬

夫の主治医はわりと思い切った人らしい。 先日の診察で夫が「このところ眠る前の記憶がなくて困っている、寝坊してしまう、食欲が増進しすぎて困っている」というようなことを相談したところ、「それだけ眠れて食べられるなら、薬やめてみましょう(笑)」と…

夫が表彰されて、カムバックおめでとう、と言ってもらえて本当によかった

2月に短時間勤務で復職し、4月から通常勤務に戻った夫が、上半期(4月-9月)に優秀な成績をあげた社員として表彰を受けました。 笑ってしまうような表彰状も持ち帰ってきまして、 (略)自らの家庭でも幼子を育てながら、並行して会社でも新人(中略)を見事…

自分で決めることがとても多い世の中

はてなこわいわー。 さて、この記事を読んで、まあ書籍のプロモーションなのだけど、とても興味深いなと思ったところがあった。 cakes.mu ジェンダーで「いる」(be)のではなく、ジェンダーを「している」(do) なるほど自分の性のありかたを選ばなくては…

実録・月100時間超残業していた女子ですがその後幸せになりました

社畜自慢が流行ってるみたいですね! nzmoyasystem.hatenablog.com potato-gnocchi.hatenablog.com orangestar.hatenadiary.jp かつて私も社畜でしたので、100時間とか180時間とかの法定時間外勤務をしていました。どうでもいいんですけど人事労務経験がある…

ワーキングマザーあるある

日曜の夜に子供が高熱を出し、その後グズグズの風邪に移行して今週はずっと出勤できずにいる。月、火と保育園を休ませ、水曜の朝には子供の体温が37度。機嫌も良く食欲もあり、いける!と思って保育園に預けて在宅で仕事をしていたら、午後になって39度近い…

家出してみました

復職後の生活は、毎朝5:30に子供に起こされ、そこから休む暇があるのは通勤電車の行き帰りだけで、子供の寝かしつけが終わる20:00過ぎまで働き続けるという感じです。その後も大人の食事を用意したり保育園から持ち帰った砂だらけの着替えを手洗いしたりと、…

警告

夫の様子に、少し気になるところが出てきた。仕事が本格的に動き出し、休職前の彼を知らない人からも「なぜあの人がメンタルを病んだのか」と不思議がられるほど絶好調らしい。本人も仕事が楽しくて幸せだと言う。しかし先日少し疲れた様子で帰宅し、聞くと…

咆哮

子供の慣らし保育は順調に進んでいて、園では給食を残さず食べるしお昼寝もきっちりするししっかり排便もするし、朝お別れするとき少しだけ泣くものの、私が外に出て部屋を覗くともうケロリとして遊んでいるという、羨ましいぐらいの順応性です。むしろ私の…

子供は保育園へ、夫は通常勤務へ

夫は先週で残業禁止期間が終わり、少しずつ時間外労働をするようになりました。それなりに疲れて帰ってきますが、危ない疲れ方ではなさそう。この時期に続く歓送迎会も無難にこなし、もろもろ順調のようです。薬は段々減っていっています。そういえば休職中…

春が近づいて私の復職も近いです

おかげさまで夫の復職は順調に進んでいます。これまで段階を追って短時間勤務をしていましたが、今週から定時勤務というところまできました。 そして私の育児休業の終わりも近づいてきています。私が復職すれば仕事と育児と家事で時間と気持ちの余裕がなくな…

ど新人というよりも

こちらを拝見しまして。 男性が家事育児の「当事者意識」を持てるようになるには? 男性が家事育児の「当事者意識」を持てるようになるには? - Togetterまとめ 育児に対する当事者意識の不足、的なことで、たまに私も夫に小言を言うことがありました。例え…

物流の話で思い出した季節のほのぼのネタ

2月になりましたね。 日経ビジネスで「物流の復讐」なんていうコラムがあるみたいですけど。 味の素「運べなくなるかも宣言」の真意 味の素「運べなくなるかも宣言」の真意:日経ビジネスオンライン さて、私の実家にクロネコヤマトの宅急便を届けてくれるド…

夫が復職します

夜泣きと後追いに苦しめられています。念のために申し添えると子供の夜泣きと後追いです。夫はたまに悪夢を見ているようですが夜泣きはしておらず、おかげさまで2月からの復職が決まりました。最初の一週間は保健室登校的な扱いになるそうです。夫の職場から…

本年のテーマ

我が家の子供は私に似て知能が高く、8ヶ月を前にして自分好みの絵本を本棚から引っ張り出し、私がそれを読まずに棚に戻そうとすると「んギィィィ!」と物凄い声で威嚇してくる。気が強いところも私に似たようだ。読んだら読んだで、おしまいにするとまた物凄…

嘔吐と高熱で大変でした

子供ではなく、私と夫が。 オムツ替えの最中に子供が盛大な下痢をして、子育て家庭定番のジョイントマットに広く流れ出た悲劇の翌日夕方から私が吐き気に襲われました。 昼から「なんだか食欲がないなあ」、午後には「胃がムカムカするなあ」と思っていたら…

続・乳母じゃないのよ

以前、夫の友人達が子供に会いに来るという話を書きました。乳母じゃないのよ - yunojixのブログ当日、来訪予定の14時から逆算して離乳食や授乳の時刻を調整していたのですが、まあ誰も14時には来ないわけですよ。子供のお気に入りのおもちゃも準備万端整え…

保育所内定の連絡をいただきましてホッとしたところです

認可に入れるの無理めだし、在宅勤務オッケーだよと言われているし、保育所に入れず在宅勤務で復帰する予定でいましたが。 保活戦線離脱したい(意欲低い系日記) - yunojixのブログ 保活戦線離脱したい(意欲低い系日記) - yunojixのブログ 認可保育所入所…

乳母じゃないのよ

近いうちに、夫の友人達が子供の顔を見に我が家へ訪れるらしい。 夫と友人達がリビングで談笑している横で子供の世話をし続けるのは馬鹿らしく思えて、その時間帯、外出することにした。 子供を夫に任せて。「あなたが友達とおしゃべりしている間、そのすぐ…

1番辛かったときが笑い話になるのは近いかもしれない(しずっと先かもしれない)

こちらの記事を読んで。 育児で1番辛いときに「頑張れ」と言われて爆発したときの漫画 - むすメモ! 育児で1番辛いときに「頑張れ」と言われて爆発したときの漫画 - むすメモ! そうそう、実にこのころでした。夫のメンタルがヘルシーじゃなくなっていたのは…

2歳児の愛らしさとめぐる因果

うちの子はまだ6ヶ月ですが、ディフェンシブな夫より、オフェンシブな私に寄った性格のよう。 自宅にいればリラックスしてのびのびしているのはいいとして、知らない場所に行けば目をキラキラさせてきょろきょろあたりを見回し、見覚えのないものに躊躇なく…

遠慮する人

夫は遠慮をするほうです。自分だけいい思いをするようなことはうまく受け入れられない。休職中だから気が引けてとかいうことでなく、昔から。いい思い、といっても本当に些細なこと。例えば夕食のおかずが焼き魚で、焼きあがって「さあ食べましょうか」とな…

偽装サラリーマン

夫が偽装サラリーマンを始めました。スーツを着、通勤するのと同じ時刻に家を出て図書館に通うという、復職に向けた自主練です。初日はとりあえず昼過ぎまでと言って、偽装サラリーマンらしく昼にラーメンを食べて帰ってきました。夫は気力体力が戻ってきて…

勉強はしないよりもしておいた方がいいわ、と思った

森高千里さんの声って脳内再現力高いですよね。 さて、家族三人、電車で1時間半ほどの行楽地へ行きました。今回は抱っこ紐(エルゴ)で。エルゴやらビョルンやらのベビーキャリーを「紐」と呼ぶには無理があるよなといつも思うけどそれはまあどうでもいい話…

8ヶ月ぶりに、夜ひとりでコンビニに行った

子供を産んでからひとりで出かけたのは、髪を切りに行った一度だけ。 何の用事もないのに、子供が寝たあと夫に番を任せて、ひとりでコンビニに行ってみた。念願だった。 夜ひとりで出かけるのは妊娠37週以来だから実に8ヶ月ぶり。静かな住宅街を抜けて、片道…

家事育児に主体的であるということ

鍋の〆を雑炊にしたので、お米がほこほこに煮えるのを待ちながら思いました。 料理のできない夫は、鍋の〆に雑炊を作るときに卵を入れるタイミングを知らないだろうなあ、と。 それで、もしいま私が急に死んじゃったりしたら、夫は子供を育てていけないだろ…

ベビーカーで電車に乗って感じたこと

世の中にはベビーカー論争てきなものが繰り返し巻き起こるみたいですけど、私は今日ベビーカーで電車に乗って、人びとが優しいことにびっくりしました。平日のお昼前に、中央線、丸の内線、副都心線を乗り継いで行き、帰宅ラッシュ間際の夕方に同じ経路で帰…

アラサー以降の真面目なおつきあいについて

人肌恋しい季節ですね。 「好きです、つきあってください」 「はい」 とかって言うやりとりはだいたい10代のもので、20代後半ともなると多くの人はなかなかそんな風におつきあいを始めることはなくなるのかなと思っています。数回会ううちになんとなく恋人同…