読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yunojixのブログ

2014年5月生まれの第1子と、産後2ヶ月で休職した夫との暮らしを綴るほのぼのブログです→夫は無事に復職しました

保活戦線離脱したい(意欲低い系日記)

ほっこり育児ブログのはずが育児の話をしていませんでした。うっかり!

5月に産まれた第一子はすくすくむちむち育っています。
3ヶ月ちょうどで首がすわってから3ヶ月半で寝返りを習得し、戻しても戻しても瞬殺で寝返って得意げに手足をぐんっと伸ばす我が子はたいへんかわいいです。
自力で寝返りから仰向けに戻れないのですぐ泣くんですけどね。だから逐一戻してやってるのにまたすぐに寝返るというのは回転時にかかるGを楽しんでいるか小早川秀秋かってところですね。

そんな我が子もそろそろ4ヶ月。
10月を目前にして周囲は保活でざわめきはじめています。
同じ月齢の知人は10月から認可外保育所に月15万払って職場復帰するとか。
半年入れて評価点を加点して4月から認可に入れるための策だそうですが、時短で働いたらほとんどお給料ゼロみたいな状況です。

長い目で見て職を失わず収入を保つためとは言え、成長著しい時期の子供と離れて働き、お給金は保育料に持っていかれ、さらに時短ということで職場では以前と同じ成果をあげられず陰に陽に圧力がかかるとなると、働くモチベーションを保つのはほんと厳しそう。ひとごとながら震えるわ。
せめて4月には無事に認可に転園できるといいですね…

我が家の地域は保活激戦区かつ半年の認可外通園では加点されないため(1年預ければ加点される)、来月からどこかに預けるという予定はありません。
育休からの復職時期もおいおい相談しましょう、在宅勤務でもいいしね、というふわっとした感じになっているので、もう少し落ち着いたら在宅勤務で子供が寝たあと深夜に働く構えです。
というか、とりあえず夫が元気になって復職しないと私の方はどうもこうもないって話もあります。夫は家にいながら家事も育児もできない人なのでね。

そんな夫、自虐ネタとしてみずからを「穀潰し」と称することがあるのですが、半笑いで受け流すしかできないからやめてちょうだい。