yunojixのブログ

2014年5月生まれの第1子と、産後2ヶ月で休職した夫との暮らしを綴るほのぼのブログです→夫は無事に復職しました

春が近づいて私の復職も近いです

おかげさまで夫の復職は順調に進んでいます。これまで段階を追って短時間勤務をしていましたが、今週から定時勤務というところまできました。

そして私の育児休業の終わりも近づいてきています。私が復職すれば仕事と育児と家事で時間と気持ちの余裕がなくなることが予想できるので大変恐ろしく思っていて、食洗機を買ったり家事代行サービスや病児保育サービスなどについて調べたりしています。夫も、私が復職する前に自分の生活を軌道に乗せようと多少焦っているようです。

気持ちの余裕って本当に大切だなあと思うのは、例えば作りかけのトマトソースを誤ってキッチンの床に全てぶちまけてしまっても、余裕があればへいちゃらで淡々と片づけられるし、むしろこの機会にキッチンをピカピカにしちゃおうとか思えるんですよね。あの手順がよくなかったせいでこぼしてしまったから次からはこうしよう、とかの反省もできる。

ところが余裕がないと必要以上に落ち込んだり、怒りがこみ上げて何かに八つ当たりしたくなったりする。そうすると片づけも進まないし冷静に反省もできなくて同じことを繰り返したりもする。
ああ、嫌だ嫌だ。醜いですね。嫌ですね。
 
さて、夫婦お互いがとにかく自分の領域を整えようと、多少なりとも焦ってしまったことで衝突も起きました。ごくありふれた夫婦間の衝突なので特筆するようなこともないのですが、ひとつエピソードをあげるとすれば夫のこの発言ですかね。
 
夫「俺は浮気もしないし暴力も振るわないしギャンブルもしないし金遣いが荒いわけでもない。何が不満なの?」
 
へえ。毒にも薬にもなっていないことを誇るなんて不思議なものね。逆に妻が「浮気もしないし暴力も振るわないしギャンブルもしないし金遣いが荒いわけでもない。」って言ったらそれは良妻なのかしら。
とは、夫の心情に配慮して言いませんでしたが、その後夫は自ら反省したみたいです。
 
子供が生まれ、夫が精神を病んでからの復職に至り、妻も間もなく育児休業を終える、というように生活が変化し続けるわけですから、小競り合いはありつつベースは自他共に認めるおしどり夫婦ですので、春を迎えても共白髪でがんばって参ります。